バックナンバーの記事を現在整理中です。
わかりやすいジャンル分けで再登場しますので少々お待ちください!!





え?こんな遊具が園庭遊具・室内遊具?
わが園でも遊びの環境を変えてみたいと思う方へ


遊びの安全/自主活動/創造活動/人間関係
THE SAFETY OF PLAYGROUND EQUIPMENT

2019年07月
保育園・屋上の遊び場をもっと楽しく

庭・室の狭さを補い、遊べる場として地面だけ整備された屋上を。 もっともっと楽しい場に変える計画をしてみましょう。
1.屋上遊び安全のための基本として・・フェンスからの墜落や物の落下を防ぐ 2.遊びのためグッズ類 3.夏の直射日光を避ける
1.屋上遊び安全のための基本として・・フェンスからの墜落や物の落下を防ぐ  (1) 遊具を高く積んでフェンスを越えたりできないよう、設置遊具のみにする   (2) フェンスに登り移れないよう、設置遊具はフェンスから離れた場所に置く  (3) 敷物やままごとの小物類は(フェンスを超して)下へ投げないように見守る    置き場所はフェンスから一番遠い場所にする。 2.遊びのためグッズ類 (1) 設置遊具(子どもには重くて動かせないものにする)     タイヤの山、タイヤのサークル、テーブル類等 (2) 敷物類・ままごと容器類(フェンスから一番遠い場所に置く)    敷物類 (ござ、バスマット等) (3) ままごと用小物(敷物類と同じ場所に置く)     ござなどの敷物、空き容器類を入れる籠(多くの籠を全部縛ってつなぐ) (4) 屋上地面にラインを描く。設置遊具とままごとの間あたりの場所に描く     ケンパー図、集団遊び用大きい円、基地(対2個)等     3.夏の直射日光を避ける (1) 張る位置や、ボルトの打ち込みなど。作業が必要です
2018年8月園庭遊びの環境づくりは担当係の先生が居れば安心
2018年7月2018年保育学会の研究発表です 「可動遊具と1・2歳室の遊びの質の高さ」
2018年6月1・2歳児が自分で乗り方を覚える 安全“なわぶらんこ”の再登場です
2018年5月片づけるという自主活動について(園庭遊び編)「片づけたい時、片づけたくない時」
直近の発表テーマ

園庭でも保育室でも“質の高い遊び"が自ら展開する環境を

・何人かで協力しあつて、何か、を創り出す
 そういう遊びが広がる遊具類です
・予算が少ない、場所が狭い。怪我をする
 心配はご無用、手作り遊具でのびのび遊べる
・保育士も一言。「子供たちの遊びを毎日見るのが楽しい」



Copyright © 2018 Kikuko Touma All Rights Reserved.
園庭遊具の研究発表暦30年
元杉並区保育園園長 / 日本児童安全学会会員 / 日本保育学会会員
商品化ご希望の方はご連絡下さい!!
Tell: 03-3997-3184
Mail: hoiku@k-touma.com